読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここノート

いまここの記憶

未来を選ぶチカラと、自分を愛するチカラ

探偵仕事

「2030年の未来から、子育てを考える」
みたいなワークショップに参加してきました。

望む未来をともに見据えて、そこに向きあうための人間力育成の“ポリシー”を家族で共有しよう。
子育ては一瞬、毎日が判断の連続。しかもパートナー、家族との共同作業。
そのときに共有する未来のビジョンとポリシーがあると、心強い。

そんなメッセージのこめられた、尊敬する先輩や仲間が企画したワークショップでした。

70才まで働く社会。
ひとつの組織に寄りかからず、過剰労働もせず、興味と関心を変化させ続ける個人がはたらく喜びを得る社会。
できあがった組織で役割を担うだけでなく、人をひきつけ突破するチカラが大きな価値をうむ社会。

わたしはそんな未来を見ました。そのうえで。


『好きなことをし、自分がしていることを愛せよ』

わたしは、未来にいきる子どもたちにこれができる人間になってほしい。わたしのこどもだけじゃなくて。みんなにそういう優しい社会があってほしい。

U理論で紹介されていた、スタンフォード大学マイケル・レイの言葉です。

そしてそのことで、孤独にならないでほしい。
じぶんの愛すること信じること、疑問に思うことや問いかけがたいせつにされて、率直に語りあえる、一緒に探求できる仲間に出会ってほしい。

子どもたちのために、わたしになにかできることがあってほしい。
祈るようなきもちです。