読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここノート

いまここの記憶

積ん読解消月間(17)『堕落論』

読書記録

堕落論

堕落論

kindleアプリに無料で入れてありました。
電子書籍慣れません。積んでないけど積ん読とはこれいかに。

人は可憐でもあり、脆くもあり、それ故に愚かで、堕落するのは避けられない。

ならば堕ちればいい。どうせ堕ちきることができるほど強くもない。自己を律するためのなにかをつくらずにはいられなくなる。

つまり自己を律することがてきるようになるためには、自分自身の道を正しく堕ちきらなければならない。

『堕ちる道を墜ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。』

裏を返せば、美しく見える理想像を他人に押しつけることで、他人の堕落を糾弾することで、人間の脆さから目を背けていては自律の道は遠い。

理想像をおしつけて他人を縛るひとは、自分自身の脆さを見たくないのかもしれない。
だれもが等しく自分自身の道を堕落し、人間らしく蘇生する能力と権利をもっている。

そんなメッセージかなと思いました(^-^)

Let it go, Be authentic !