読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここノート

いまここの記憶

自信というものについて

謎リストは放って置いて、思いつき優先で。

 

「自信」というものについて。

 

自信がないとき、人は防御的になるし、攻撃的になる。

そんな感じがしています。

 

むかし、自分はもっと、変わることや他人と関わることに臆病だったなあと。

だれかを頼ることだって、嫌だった。

自分が揺らぐのが怖かったんだと思います。

失敗したり非難されたりしたら、簡単にくしゃくしゃになってしまうと思っていたんでしょうね。

どうしたら自分に自信を持てるんだろう、って考えたこともいっぱいあったはず。

 

自信ってなんだろう?

自分は自分だと、安心できること。

自分は大丈夫だと、信頼できること。

自分にはやれると、期待できること。

自分には味方が居ると思えること。

スゴイ自分ばかり目指さなくてもいいと思えること。

 

そういうものってすごく自分を支えてくれると思います。

どうしたらそう思えるか?

いろいろあると思うけど、

”自信があるかどうかなんて気にならないくらい、やってみたいことが目の前に現れる”

という解決策がいまは気に入ってる!

 

好きなこと、関心のあることを大事にすることがその一歩と信じてる。

 

つべこべ言わずに行動できる自分になりたい!